新築のエアコン工事

29h

我が家は3年前に新築でマイホームを購入しました。
北海道の内陸でとても寒いところに暮らしています。
しかし、夏は30度を越えるこもたびたびあるので、
新築と同時にエアコンも購入することにしました。
吹き抜けのある大きなリビングに設置するエアコン
なので、エアコン自体もそれなり大きくて高額な
ものでした。

普段なら、購入しようか迷ってしまう値段ですが、
新築だしと奮発して購入しました。高額なエアコン
ということもあって、気になっていたエアコン工事
の代金は無料でした。 ヾ(●´∀`*●)ノ
数万円で購入できる価格の安いエアコンの場合
には別途エアコン工事費がかかるようです。

エアコン工事も、猛暑ということもありすごく混んで
いました。エアコンを購入しても、エアコン工事が
できるのは、2週間後と言われました。夏の暑い
時期にエアコンないのはとってもキツイですよね。
近頃は、北海道でも猛暑のことが多いので、
エアコンを購入する家庭が多いようです。日本全国、
夏の気温はやっぱり上がっているんですね。関西や、
関東の方に比べたら湿度が低いのでまだこちらは
過ごしやすいと思います。

エアコン工事の代金は、無料でしたが、通常なら
10帖以上の大型のものになると15000円以上
するようです。エアコンを家電量販店で購入すると、
交渉次第で工事費をまけてくれたりもするようなので、
お得にエアコン工事も出来そうです。

そして、エアコン工事には室外機カバーをつけるか、
室外機を地面ではなく、棚を用いて高所に設置する
かなどで値段も変わってくるようです。我が家は
室外機カバーもつけず、地面に設置したので追加
料金はかかりませんでした。しかし、冬になると庭が
埋もれるほどの大雪が降って、春先まで溶けないので
室外機が雪の中に埋もれてしまうことがあります。
今になって、室外機を高所に設置するばよかったなと
後悔しています。f(´-`;)ポリポリ

また、室外機カバーをつけることで、室外機を間守る
ことができ長く愛用出来うるようです。
日曜大工が得意な方なら自分で室外機カバーは作成
することも出来るようです。

エアコン工事は、暑い夏や、寒い冬に入る直前が一番
混むようなので、余裕を持って空いている時期にお願い
するのがいいと思います。
もうすぐそこまで冬が来ていますからね!!(*^_^*)

 

お掃除のストレスを6大ストレスをなくす【ネオシャルティ】