お祝い・娘の大学卒業式

3月に娘が大学を卒業しました。人より1年余分に大学に通ってしまい、親としては 本当に喜ばしい卒業でした。 娘はかねてから卒業式は袴を着たい希望でした。今はほとんどの方が、レンタルで袴 一式を借りられるようですが、我が家には姪からもらった、お下がりの袴があったの で、レンタルにはしませんでした。着物は、私の無地や若かりし頃に着た花柄の小紋 もあるので、それですませようと思いましたが、思いきって、娘のために着物を新調 することにしました。娘は、どちらかというと古風なタイプ、着物にも興味があり、 大学卒業前には、着物の着付け教室に通い、自分で着物がなんとか着られるようにも なりました。   娘の成人式のときは、私の昔の振袖が気に入っていたので、買うこともなく、またレ ンタルもせず、お金をかけることがありませんでした。そんなようなことで、大学卒 業お祝いも込めて、着物一式を作ることしました。 今どきの卒業式の袴、着物は大変派手で、着物は、大きな花柄や大胆な縦縞のストラ イプが主流ですが、古風な娘は好まず、これから先にも何度も着られることを考え て、着物は水色の江戸小紋にしました。せっかくなので、東京の伝統工芸師の方の江 戸小紋の着物を買いました。予算より高くなってしまいましたが、出来上がった着物 を見て、満足しました。   袴はえんじ、帯は浴衣用に持っていた赤色の金糸模様のはいった半幅帯、着物は水色 の江戸小紋、このままではちょっと地味すぎるので、半衿は可愛らしいピンクの桜模 様の入ったものを付けました。   卒業式当日、髪は美容室でお願いしましたが、着物は娘が自分で着たいというので、 袴は私が手伝いながら、きちんと着ることができました。 お天気は娘の卒業を祝うように晴天、風があり、寒かったですが、着物と一緒に奮発 して作ったみちゆきコートのおかげで、暖かかったようです。 卒業式で、ほとんどの女子学生が袴姿でした。やはり今どきの明るい、可愛らしい柄 のものばかり、かえって娘のような古風な袴姿は珍しく、反対に目立っていたように 感じました。思いがけずに、着物好きの娘のゼミの教授から、「これは、江戸小紋で しょ、良いものを着てるわね」と、娘の江戸小紋を褒められ、ふたりでニンマリ喜び ました。やはり良いものは良いと。頑張って買った甲斐がありました。 大学の卒業式は、親が関わることができる最後の行事、私も頑張って地味目の色目の 訪問着を着ました。もちろん一人で着ました。 5年も通った大学、最後に安田講堂を背にして、主人と娘3人で、記念写真を撮りま した。

子供が幼稚園に入ってから美容に気を使いだした

小さい頃からくっきり一重で、こけしに似てるねと言われ育った私ですが、子供が幼稚園に入る準備をし始めたころに自分の容姿が気になりだしました。

体形は普通ですが寸胴で、お化粧もしないことの方が多く、ヒールのある靴なんて一足も持っていません。子供が産まれたらヒールの付いた靴なんて持っていても履けませんが、それ以前に、人生で一度も買ったことがないレベルで「男っぽい」私でした。
子供が育っていくにつれ、ふと「参観日に私が行ったら嫌がるんじゃないか…」と思ったのがきっかけで、ちょっと女性らしくしていかなきゃだめだなと思い立ちました。
まず最初にしたのは「アイプチ」です。いい大人が今更、と思うかもしれませんが、ちょうど転勤で違う土地に来て、幼稚園も誰も顔見知りがいなかったので丁度いいと思い、一重から二重にしてみました。
最初は自分の二重に違和感がとてもあるのですが、それでも慣れてくると今度は「一重の自分」に違和感を抱くほどになってきました。私は整形に対してもそんなに抵抗が無い方なので「プチ整形もいいな」と思ったんですが、自分にそんなにお金をかけていたら家計も厳しいので手軽なところから始めました。

今では100均に行けば色んな種類のアイプチやアイテープがあり、とても手軽にできます。天然の二重の人や美人はこんな苦労をしないのになと思いますが、羨ましがってるだけでは何も変わらずただ歳をとっていくだけです。美人にはなれなくても、ちょっとマシになればなという気持ちで始めましたが、高校生くらいからきちんとやっておけばよかったな、と思う事ばかりです。
高校生の頃は「化粧がステータス」のようなところがあったので、私でも毎日メイクしていました。それが良くなかったんですが…。
素肌のお手入れだけして、乾燥には気を付けて、紫外線を浴びないようにしていたら、もっと肌が綺麗だっただろうなと今更後悔しています。今ではシミ、シワに悩まされていますから。

もう今ある素材で頑張るしかありません。とりあえずあまり肌に負担はかけないように、メイクも軽めに、ケアをきちんとするようになりました。
あとは美容室でただカットしているだけでしたが、パーマをかけてみたり、トリートメントをきちんとしてもらっています。やっぱりちゃんとすると、髪もきれいになってきます。

そんな自分の変化がだんだん楽しくなってきました。美人には遠いですが、髪をきれいにしたら子供も「可愛いね」なんて言ってくれ、気持ちも張りが出てきました。

あんまりお金をかけずに、今度はウォーキングなどをして、ウエストのくびれを作るのが目標です。