R56型BMWミニのMTトランスミッションの初期故障

私はR56型BMWミニONEのMT車を愛用しています。約1年半前に中古車で購入しました。ミニ正規ディーラーの認定中古車です。中古車といっても実装2500kmほどで、ほとんど走行していない車両で、中古車として販売を開始されてから1年以上倉庫で眠っていた車両でした。購入時、試乗したところ、バッテリーが上がっていること以外は何ら問題がなく、掘り出し物だと思い、購入しました。愛車になり、日常生活や通勤にしようするようになり、機械的な不具合はまったくなく、優れた走行性も含めて、非常に気に入っております。

中古車ということで、登録年の関係から1年後に車検となりました。ミニ正規ディーラーで車検を受けました。初めの見積もりでは基本整備+法定費用+税金・自賠責保険の費用だけで、費用は国産車と比べても差はありませんでした。ただし、当日車検などはなく、3日間預けることになりました。もちろん代車も貸してもらいました。

完成当日、愛車ミニを引き取りに行ったところ、サービスフロントの係の方から意外な言葉が。なんとMTミッションからミッションオイルが漏れていたとのことでした。幸い、MTミッションにはダメージはなく、認定中古車というこうとで、保証修理とのこと。気づいてなかった故障であり、大変びっくりしました。サービスフロント係の方曰く、必ず1年に一度、法定点検を受けてほしいとのこと。私は必ず受けようと思います。その修理が終わってから、私のミニは全くの故障知らずで、快調に走ってくれています。

http://www4.kcn.ne.jp/~autobahn/info.htm

新車を買って5年目の今

子供ができてから初めて車を乗り換える機会になりました。家族でディーラーへ行って試乗したり、ちょっと先のことを考えて車選びを検討したりはとても楽しくて、5年経った今でもよく覚えています。

それまでのメーカーとは変えたい思いは、夫婦そろっての意見だったので、わりと早い段階で決まったように思います。変えたい理由は、たまに連絡してくる担当の方と思われる人が、あまりにも適当な感じに思えたからでした。
メーカーを変え、担当してくれた方はとても安心感が誠実な印象でした。ネットで購入価格例を調べて行ったりしていたので、値段交渉は結構ぎりぎりな提示だったと思うですが、頑張って頂いた印象で、気持ちよく購入することができました。

3年目までの車検と点検のパックを進められて入っていたので、半年毎に見てもらうことができました。乗り換える前の車の時は、やはり新車で購入していましたが、夫婦2人忙しさにかまけて、車にあんまり愛着がもてず点検などメンテナンスを怠ったせいか、7年目にクーラーがほとんど効かなくなる事態になり、買い替えを検討するきっかけになりました。なので、子どもも居て、なるべく長く乗っていきたいと考えるようになった今回の車は、大事にしたいという思いがありました。
しかし、ちょっと残念なのが、3年目の最初の車検をむかえる前に、担当だった方が退かれてしまい、違う方が担当になったと連絡が入ったのですが、、んーこんなものか、というような接客を毎回受けるようになったことでした。といっても、点検と車検の連絡を取り合うだけの話しなのですが、とにかくいい加減なことが続きました。
やはり最初から付き合いがあるのとないのとでは、お互いに印象が変わってくるのかもしれませんが、今でも家族で気に入って車に乗っているので、少しさびしいです。

長く乗っていきたいので、本当は点検もこまめにしたいところですが、足が遠のいています。今年は2回目の車検なので、まだどこで受けるか決めていませんが、大事に乗っていきたいと思ってます。車で出かけたり、せっせと洗車する事も増え、家族で楽しんで車に乗っています。
131817s

カーフィルムによって命がまもれる

やっぱり真夏になると車内の温度が異常に高くなってしまうんですよね。車は熱を吸収しやすい素材ばっかり使っているので、仕方ないことでもあります。

じゃ最初から熱を吸収しない素材で、車は作られないのだろうかというと、やはりコスト面での問題がでてきて実現はできないってことでしょう。
でも真夏に車内の温度を上昇させない工夫というのは、いろいろとありますね。フロントガラス等、ガラス部分に日差しよけカバーをとりつけることは一般的ですし、日陰に車を置くことでも、効果は出ます。ただ外のだだっ広くて日差しをもろに受ける駐車場だと、なかなか難しいことだらけですが。

そんな中で、カーフィルムによって熱を反射させる方法は、一般的になってきています。施工した場合としない場合では、20度近くも違ってくることになります。太陽光さえさえぎってしまえばよいという意味では、日差しよけカバーと一緒です。カバーの場合は付け外しが必要なのにくらべ、フィルムの場合は一度施工するとずっと使える利点はあります。

あと、近年社会問題になっているじゃないですか。パチンコに遊びに来た親が車内に子供を残して、冷房は止まっているので車内は蒸し風呂状態。
それで子供は熱中症で命を落とすという事件です。
ああいったものは親がアホなのが原因なのですが、やっぱりカーフィルムが断熱フィルムだったりすると、生命の危険というのは幾分遠ざかるということもあります。

これはパチンコどうこうは関係なく、普段から真夏に人を載せているという場合にはとても有用なものになってくる筈です。最初から全ての車のガラスは、断熱フィルムが貼ってあれば良いと思いませんか。

日本の気候は毎年35度の猛暑なのだし、車だけでなくあらゆる施設や道具は猛暑に対応した形に、進化していくべきでしょう。

私も車を買い替えた時にすぐに奈良の業者にカーフィルム施工をしてもらいました

カーフィルムを貼り替えました

最近仕事が忙しくて、趣味の車イジりが全然できていませんでた。
愛車を洗車するのが私の趣味なんですが…ここ数ヶ月、仕事の都合で全く洗車に行く機会もなく、本当にかわいそうなことになっています。
先日、仕事の合間を縫って車の手入れをしようと思ったら、カーフィルムが剥がれていることに気が付きました。
考えてみたら、この車に乗って5年。
購入した当初に貼った物なので、剥がれても別段不思議はありません。
ここまで自分の車がボロボロになっていたなんて、ホントにショックを感じました。
ですが、仕事でなかなか手が空かないので、本来であれば自分で納得する仕上がりにしたかったのですが、今回ばかりは友人が経営している車屋に頼むことにしました。
http://pro-nara.jp/
私の車に関する知識も技術も全て、車屋の経営者でもある友人から教わった物です。
彼なら私以上に綺麗に仕上げてくれると信じて、依頼することにしました。
彼はかなり手先が器用なほうで、学生時代から色々と細かな作業が本当に得意でした。
今は仕事で手先の器用さを存分に発揮できているので、本当に良い仕事を見つけたもんだなと感心します。
私の仕事は車とは一切関係ない仕事ですが、やり甲斐を感じることができています。
今後も今のこの仕事を続けていきたいと、そう思っています。
友人の車屋にカーフィルムの貼り替えだけでなく、車の洗車と車内の清掃も依頼しました。
値段は知り合い料金でやってくれると言ってくれたんですが、しっかりやって欲しいので、通常の値段で良いと言いました。
彼は自分が車のプロとして、しっかり仕事をする男ですが、いつもお世話になっているので、単純に悪いな~と思ったんです。
車は2、3日で仕上がるとのことだったので、その間は仕事に集中して作業することができます。
車の仕上がりは当然完璧だろうと予想できたので、特に楽しみにすることはありません。
車が返って来て、車内と外観を見てみると、本当に完璧な仕上がりでした。
カーフィルムもばっちり貼れていたので、本当に大満足です。