おしゃれをしてみるということについて。

先日、認知症を抱えた人が入る施設の方が、認知症を含めていろいろと書いておられるのを読む機会がありました。
我が家にも年がいった者がおりますので、キャリアを積まれた施設の方のお話の中に、ついついどんな情報があるだろう、将来の私に役立てられる情報はないかと読んでしまいます。

そこで、施設の方が書いておられたのは、お化粧やおしゃれをしてみると入居者の方が変わった、という話でした。
お化粧やおしゃれをされてみることで、入居者の人たちの表情もこころもだんだんと良くなって、いきいきされていったそうです。
読んでいて、とても素敵な話だと思いました。

以前、「化粧療法」というよく似た話を某新聞で読んだことがありますが、お化粧があまりに濃すぎて、私には受け入れられませんでした。
あれはない、どんな状況にあっても、自分も自分以外の人の自尊心も大事にしたい、読んだ当時はそう思いました(今でもそう思っています)。
自尊心を高いまま、おしゃれをすることは良いことだと思いました。
私はあまりお化粧をすることはありませんが、その分、洋服とかちょっとしたアクセサリーなどで、気分を上げていこうと考えたりしています。
家族に強要することは考えず、自分だけで試してみようと思っています。
それともいうのも、私は仕事柄、ずっと家にいることが多いからです。
仕事先からは、寝間着・パジャマ姿での業務を行うことだけは慎むよう、言われておりまして、これだけは守っています。
寝間着・パジャマ姿で仕事を行なっていると、関係各所に影響を与えてしまいかねないと、仕事以前のマナーとして思ったからです。
ただ、洋服はどうするか、いろいろ考えることがあります。
自室で働く時、どんな格好でいようかとよく思います。

自分で出した結論が「急に町内の人が来ても、驚かせない」程度の格好をしようというものです。
ただ、自分の気持ちも良くなりたいので、もう少しおしゃれをしてみようと思いました。
これからも、楽しくおしゃれ、とりわけ洋服選びについて、考えていきたいと思います。

R56型BMWミニのMTトランスミッションの初期故障

私はR56型BMWミニONEのMT車を愛用しています。約1年半前に中古車で購入しました。ミニ正規ディーラーの認定中古車です。中古車といっても実装2500kmほどで、ほとんど走行していない車両で、中古車として販売を開始されてから1年以上倉庫で眠っていた車両でした。購入時、試乗したところ、バッテリーが上がっていること以外は何ら問題がなく、掘り出し物だと思い、購入しました。愛車になり、日常生活や通勤にしようするようになり、機械的な不具合はまったくなく、優れた走行性も含めて、非常に気に入っております。

中古車ということで、登録年の関係から1年後に車検となりました。ミニ正規ディーラーで車検を受けました。初めの見積もりでは基本整備+法定費用+税金・自賠責保険の費用だけで、費用は国産車と比べても差はありませんでした。ただし、当日車検などはなく、3日間預けることになりました。もちろん代車も貸してもらいました。

完成当日、愛車ミニを引き取りに行ったところ、サービスフロントの係の方から意外な言葉が。なんとMTミッションからミッションオイルが漏れていたとのことでした。幸い、MTミッションにはダメージはなく、認定中古車というこうとで、保証修理とのこと。気づいてなかった故障であり、大変びっくりしました。サービスフロント係の方曰く、必ず1年に一度、法定点検を受けてほしいとのこと。私は必ず受けようと思います。その修理が終わってから、私のミニは全くの故障知らずで、快調に走ってくれています。

http://www4.kcn.ne.jp/~autobahn/info.htm