おしゃれをしてみるということについて。

先日、認知症を抱えた人が入る施設の方が、認知症を含めていろいろと書いておられるのを読む機会がありました。
我が家にも年がいった者がおりますので、キャリアを積まれた施設の方のお話の中に、ついついどんな情報があるだろう、将来の私に役立てられる情報はないかと読んでしまいます。

そこで、施設の方が書いておられたのは、お化粧やおしゃれをしてみると入居者の方が変わった、という話でした。
お化粧やおしゃれをされてみることで、入居者の人たちの表情もこころもだんだんと良くなって、いきいきされていったそうです。
読んでいて、とても素敵な話だと思いました。

以前、「化粧療法」というよく似た話を某新聞で読んだことがありますが、お化粧があまりに濃すぎて、私には受け入れられませんでした。
あれはない、どんな状況にあっても、自分も自分以外の人の自尊心も大事にしたい、読んだ当時はそう思いました(今でもそう思っています)。
自尊心を高いまま、おしゃれをすることは良いことだと思いました。
私はあまりお化粧をすることはありませんが、その分、洋服とかちょっとしたアクセサリーなどで、気分を上げていこうと考えたりしています。
家族に強要することは考えず、自分だけで試してみようと思っています。
それともいうのも、私は仕事柄、ずっと家にいることが多いからです。
仕事先からは、寝間着・パジャマ姿での業務を行うことだけは慎むよう、言われておりまして、これだけは守っています。
寝間着・パジャマ姿で仕事を行なっていると、関係各所に影響を与えてしまいかねないと、仕事以前のマナーとして思ったからです。
ただ、洋服はどうするか、いろいろ考えることがあります。
自室で働く時、どんな格好でいようかとよく思います。

自分で出した結論が「急に町内の人が来ても、驚かせない」程度の格好をしようというものです。
ただ、自分の気持ちも良くなりたいので、もう少しおしゃれをしてみようと思いました。
これからも、楽しくおしゃれ、とりわけ洋服選びについて、考えていきたいと思います。

R56型BMWミニのMTトランスミッションの初期故障

私はR56型BMWミニONEのMT車を愛用しています。約1年半前に中古車で購入しました。ミニ正規ディーラーの認定中古車です。中古車といっても実装2500kmほどで、ほとんど走行していない車両で、中古車として販売を開始されてから1年以上倉庫で眠っていた車両でした。購入時、試乗したところ、バッテリーが上がっていること以外は何ら問題がなく、掘り出し物だと思い、購入しました。愛車になり、日常生活や通勤にしようするようになり、機械的な不具合はまったくなく、優れた走行性も含めて、非常に気に入っております。

中古車ということで、登録年の関係から1年後に車検となりました。ミニ正規ディーラーで車検を受けました。初めの見積もりでは基本整備+法定費用+税金・自賠責保険の費用だけで、費用は国産車と比べても差はありませんでした。ただし、当日車検などはなく、3日間預けることになりました。もちろん代車も貸してもらいました。

完成当日、愛車ミニを引き取りに行ったところ、サービスフロントの係の方から意外な言葉が。なんとMTミッションからミッションオイルが漏れていたとのことでした。幸い、MTミッションにはダメージはなく、認定中古車というこうとで、保証修理とのこと。気づいてなかった故障であり、大変びっくりしました。サービスフロント係の方曰く、必ず1年に一度、法定点検を受けてほしいとのこと。私は必ず受けようと思います。その修理が終わってから、私のミニは全くの故障知らずで、快調に走ってくれています。

http://www4.kcn.ne.jp/~autobahn/info.htm

昔を思い出すかのようにバスケをはじめました

最近わたしは近所にすむ友人のすすめで、バスケットボールをはじめました。
と、いってもまったくの初心者ではなく高校まではいちよわたしはバスケをしていた身です。すすめてくれた友人も、一緒に学生時代にバスケットをしていた仲間です。お互いに子供が大きくなって、自分の時間をとれるようになり年齢とともに、おちていった体力をとりもどすつもりではじめました。
はじめた当初は、走るだけで息もあがってしまい、もちろんバスケットのゴールにボールも届かないような状態でした。次の日は筋肉痛になるし、ゴールすることもできないしまったく情けないような状態でした。

しかしめげずに、通い始めて3ヵ月。やっと体も心も昔を思い出してきたのかレイアップシュートができるようになりました。台形からのシュートも、かろうじて届くようになりました。だからといって、入るわけではないですがたまにゴールすることもできるようになりました。目覚ましい進歩が認められ、やっと試合にまぜてもらえるようになりました。そして試合中に少しは役にたつパスをできるようにもなってきました。
こんなにも、身体を動かすことが楽しかったのだと思いださせてくれてバスケットボールには感謝です。
欲をいえばできれば、大事な場面でゴールを決めたりフリースローも決めれるくらいまで身体が戻ればなと思います。
子供たちにはまだまだ負けてられないので、体力をつけて母さんも今でもすごいんだというところを見せたいと思います。それまでは、まだ試合にも呼ばないでひっそりと練習してがんばろうという感じです。

まさか、こんなにおばさんになって身体を動かすという趣味をもつことになるとはビックリですがやっぱり誰かと一緒に身体を動かすということはストレス発散にもなるしダイエットにもなるしとってもいいことなんだなと思います。この勢いで、おばあちゃんになっても動ける元気はつらつとした女性でいたいなと思います。(でもさすがに、そのころはバスケは無理かな。笑)

子供の口の中 ~最近見たことありますか?~

子供の口の中。小さい時はよく膝の上にゴロンとさせて歯磨きをしてあげていました。歯が生えてきたね、グラグラするね、虫歯になってないかな、そんな事を考えながらじっくり子供の口の中を見ていました。ちょっとしたことでも気になって、歯科検診時に相談したり自分でネットを使って調べたりと、本当に熱心だったなと思います。

さて、だんだん子供が大きくなってきました。子供のためにも少しずつ自分で歯磨きできるように教えたりしました。園や学校へ行き始まるとお昼は自分で歯磨きしてきます。朝もバタバタ時間に追われて忙しいですよね。子供には「歯磨き自分でしてね!」と言うようになりました。それでも時間がある時や夜は、子供が自分で磨いた後、親が仕上げ磨きをしています。子供磨いた口の中は、磨き残しが多く見られました。歯磨き粉はたっぷり付けて大好きなアニメを見ながら磨いた時など全然磨けてないですよね。仕上げ磨きの大切さを感じました。

さらにもう少し子供が大きくなってきました。何も言わなくて勝手に磨いて、「歯磨きした?」と聞くと「やったよ!」と返事が返ってきます。それならいいけど・・・。だんだんと子供の仕上げ磨きの回数が少なくなってきました。自分でやってもらえるとやっぱり楽ですからね!ある時、上の前歯の生え方が少し気になりました。なんだか隙間があいてるような・・・。

生え変わってすぐは、隙間はよくあることです。でもなんだかハの字に開いてるような・・・。歯の半分ぐらいが生えてきたぐらいでさすがに気になり、姫路の歯科さんに相談にいきました。結果は・・・なんと歯と歯の間に小さな本来ない歯があるということでした。レントゲンを撮って分かりました。早速切開して歯を抜くとこに。しかし、二本の歯の向きは変わらず少し開き気味になってしまいました。もう少し早めに歯医者さんに行ければ、こんなに開くことはなかったのかもしれません。小さい時のように毎日口の中を見ていたら、もっと早く気付くことができたかもしれません。あたなは最近、お子さんの口の中を見たことがありますか?仕上げ磨きの大切と少しの変化に気付くために・・・ぜひ見てあげて下さい。

確認することの大切さを確認した東京旅行

私は京都に住んでいます。
この前、東京ドームであるKPOPグループのコンサートのため東京へ行ってきました。

交通費を安くおさえてグッズをたくさん買おうと夜行バスをネットで予約しました。
なんと往復で7000円でした。
こんなに安くバスの予約ができたことはなかったので喜んでいました。
ですが夜行バスは正直苦手です。
バスで眠ることはできるのですが座って寝る体勢により熟睡はできない上に足がむくみます。時間もかかりすぎます。大袈裟ですが私にとって夜行バスを利用することは決心がいることです。
でも飛行機や新幹線は交通費が高いため夜行バスにしました。

東京ドームでのコンサートはとても楽しかったです。久しぶりの友人ともたくさん会うことができて美味しいものも食べて大満足でした。
また明日から頑張ろうと思いながら東京駅の夜行バス乗り場へ向かいました。

出発時間は23:00です。
余裕をもって着く予定だったのですが、デジタル乗車券をスマートフォンの画面に出した瞬間に凍りつきました。
出発時間まであと1分。
しばらく固まって動けませんでした。
我にかえりとにかくバス乗り場まで全力疾走しました。
当然バスはもう出発していました。
どうしようと考えて、とりあえず当日のバス乗車券を買おうと窓口に行きましたが関西方面は満席売り切れでした。

朝までどこかで時間をつぶして新幹線で帰ろうかと思いましたが朝までどうしたらいいかもわからずホテル代がかかるので結局、名古屋までの夜行バスの乗車券を買い名古屋から始発の新幹線で京都まで帰りました。
出費は約8000円で往復のバス代以上でした。

新幹線の中でつくづく新幹線の心地よさを感じ初めから飛行機や新幹線で帰ればよかったと思いました。
今後、夜行バスに乗ることがトラウマになりそうです。

でも何より反省になったのは自分の確認不足です。
これからは何でもしっかり確認しようと誓いました。
今後の失敗の回避になりますように。
car_bus

念願のうどん店を開店しました

最近、飲食店をうどんに特化したお店で新装開店しました。
私は食べ物の中でも趣味でうどん打ちが大好きで、飲食店でも手打ちのうどんを出していました。
お客さんの中でも特にうどんが好評だったので、どんどん美味しいうどんが作りたくなり、飲食店としての仕事よりもうどんのお店を出したくなってきたんです。
そしてお店を改装して念願のうどん店が新装開店したというわけです。

最初は飲食店の設備をそのまま使って、少し内装を綺麗にするだけで大丈夫だと思っていました。
でも試作品を1日中作っていると、困ったことが出てきました。
試食で来てくれた友達や知り合いの人から、「お店の外でなんか変な臭いがするよ」というのです。
飲食店なので、一応の排水処理を考えた設備があるはずですが、確かにこれまでよりかなり臭いがキツくなっています。
なんでだろうと排水処理装置のメンテナンスを頼んでいる業者さんに来てもらいました。

業者さんに調べてもらうと「水を大量に処理しようとして処理しきれていないのかもしれませんね」と言われました。
確かにうどんは水だけは新鮮な状態で洗わないと美味しくならないので水道代は費用の中で採算が取れるように計算はしています。
ネットで調べると香川ではいくつものお店が大量の水を使ってそのまま垂れ流しにしていて、環境問題になっているという記事を見つけました。
処理しないと澱粉質が水に溶けて悪臭を放つらしいのです。
業者さんに「どうしたら処理できるようになるんですか?」と聞くと「もう少し浄化作用の高い装置を入れるしか無いですね」とのこと。
借りている設備ですがこのまま開店するのは難しいと思い、テナントのオーナーさんに排水処理をする装置を自費で取り替えたいと相談しました。

オーナーさんは「自費で取り替えるのなら別に構わないよ。飲食店全般で使えるんでしょ?」と聞かれ大丈夫ですというとOKがもらえました。
少し出費は痛いですが、小型で性能が良いものがあると業者さんが言っていたのでそれなら数十万といったところです。

こんな苦労のあった改装ですが、ようやく念願のうどんのお店を開店できました。
飲食店の常連さんも通ってくれて無事軌道に乗りそうです。

我が家に小さなペット、ハムスターがやってきました。

8月に7月生まれた小さな小さなペットがやってきました。
ペットショップで一目惚れしました。
小さくておとなしくてちょっと毛並みが悪くて心配だったのもたぶんあると思います。
結構人見知りのハムちゃんで、どの動物も最初は警戒もあるけどこの子は特別でした。
全然出て来なくて夜も真っ暗なのに水も飲みに来てなくてご飯も食べていない様子でした。

毎日心配で心配で、おうちの中も最初に作ったままトイレもお風呂もきれいなままでした。
でも、ある日夜中にガラガラと音がしてみていると回し車を小さな体で回っていました。
飼ってきて初めて姿を見たかもしれません。ほんと可愛かったです。

それからは、昼間でも姿を見せてくれます。
ご飯も食べて、お水も飲んで、お風呂にも行ってくれます。
凄く感動です。

体もあんなに小さかったので、今では大福のようにまん丸くなってます。
うちのハムスターはクッキーとひまわりの種が大好きで、野菜も一緒にいれてもそれしか食べません。
健康のために野菜も食べてほしいです。

あと、好きな場所があるみたいで、トイレとお風呂場でなるのが大好きみたいです。
お風呂場にいくにはトンネルがあるんですが、そこのトンネルで寝るのも好きみたいです。外になかなか出て来なかったハムスターが今ではいろんな場所で寝ているので毎日見れます。

ハムスターは砂の上が好きなんでしょうか。この時期暑いから涼しいのかもしれないですね。

先週、あまり動かずぐったりしているように見えて日中は主人が車に乗っているので、タクシー会社をネットで探しました。
そしてペット送迎専用の会社に依頼して、病院に連れて行きました。
たいしたことはなかったようで安心しました。

夜中も遊ぶ時間がだんだん長くなって私が寝ているとガラガラと遊んでいる音が聞こえます。
それが朝方まで続く時があります。元気だなと思いながら毎日その音を聞きながら寝ています。

このハムスターは私がずっとほしいほしいっていっていたので、誕生日にお父さんがグチグチいいながら飼ってくれたんですが、私が小さいころいっぱい飼っていたので、飼うときにはお父さんもデレデレになってました。
やっぱり動物の力ってすごいのかもと思いました。

お父さんも私と同じハムスターがいいんじゃないといっていましたし、この子でよかったなと思います。
最近では手を出すと乗ってくれます。
最初は指かんだりしてたけど、今では懐いてくれています。
お腹減ってるときは噛まれることが多いですけど、ワンちゃんとかと一緒で甘噛みですね。全然痛くないです。

小動物だからあまり触ったりするとストレスたまっちゃうのでたまにしか触れませんが、見てるだけでもほんと幸せです。いっぱい可愛がってハムスターにとっても住みやすい環境を作ってあげたいと思います。
162337s

恐怖のSNS避け!身代わり人形で楽しい旅行を!

今月後半に、丸二年経過の結婚記念日が待っています。
去年の一年記念は、結婚式を予定していたため、特別記念日らしい事はできなかったんですが、今年は何かしよう!と旦那と旅行を計画していました。
今現在妊娠中で、やっと安定期に入ったので、旅行に行けるのも今しかない!と、妊婦でも楽しめるゆるーく快適な旅行計画を考えています。
その際、旅行に行った記念として、SNSなどに写真を上げたいですが、これが悩みの種でした。
私は、どうしても、自分の写真や旦那の写真を、SNSに上げるのが苦手で、芸能人や美人モデルなど、アートとして見目の良い物はいいですが、何故みんなそんなに芸能人のように、自分の写真を上げられるのか、不思議でなりません。
インスタグラムなんてもっての外、『SNS映え』や『流行り』など、誰かに見てもらいたいわけではないので、私は行った先の観光地の写真や、風景の写真を載せるつもりでした。

しかし、旦那はインスタグラムも写真も大好きなタイプで、一緒に旅行に行ったら、私の写真ばかり撮っています。
逆に風景は二の次、部屋で過ごす私の写真や、ご飯を食べている私の写真。
私が旦那の写真を撮らないのをいい事に、向こうはとてつもない量を撮っています。
そして、それを旅の記念のように、SNSにアップするんです。

撮影も、SNSアップもやめてくれ!といくら頼んでも、『照れるな照れるな』と茶化して、やめてくれません。
なんとか旦那の撮影から逃れられる方法を考え、旅行までに対策しなければ!と思っていたところ、いい案を思いつきました!
2人でお揃いのぬいぐるみを買って、そのぬいぐるみに自分達と同じ服を仕立ててあげて、当日一緒に旅行に連れて行く計画です。
観光地でぬいぐるみを自分達のように並べて撮影、部屋のベッドに並べて撮影、食事の際にも傍らに置き撮影、まさに身代わり人形。
せっかくこの日の旅行のために、私達夫婦の分身として、着飾ったぬいぐるみを、きっと無視する事はできないでしょう。
撮影された写真も、可愛いぬいぐるみと観光地、可愛いぬいぐるみと美味しいご飯、何の問題もありません。
現在、着実に洋服の仕立てをしながら、その身代わり人形を仕上げています。
旦那は、すごい!可愛い!結婚記念の旅行に気合が入っているね!など、私の行動を喜んで見ているので、心象も悪くなく、問題ないようです。
ぬいぐるみ達のおかげでSNSの恐怖と、撮影地獄から逃げられ、素敵な結婚記念日旅行になりそうです。
可愛いぬいぐるみと同じ服を着て、旅する日が今から楽しみです。

新車を買って5年目の今

子供ができてから初めて車を乗り換える機会になりました。家族でディーラーへ行って試乗したり、ちょっと先のことを考えて車選びを検討したりはとても楽しくて、5年経った今でもよく覚えています。

それまでのメーカーとは変えたい思いは、夫婦そろっての意見だったので、わりと早い段階で決まったように思います。変えたい理由は、たまに連絡してくる担当の方と思われる人が、あまりにも適当な感じに思えたからでした。
メーカーを変え、担当してくれた方はとても安心感が誠実な印象でした。ネットで購入価格例を調べて行ったりしていたので、値段交渉は結構ぎりぎりな提示だったと思うですが、頑張って頂いた印象で、気持ちよく購入することができました。

3年目までの車検と点検のパックを進められて入っていたので、半年毎に見てもらうことができました。乗り換える前の車の時は、やはり新車で購入していましたが、夫婦2人忙しさにかまけて、車にあんまり愛着がもてず点検などメンテナンスを怠ったせいか、7年目にクーラーがほとんど効かなくなる事態になり、買い替えを検討するきっかけになりました。なので、子どもも居て、なるべく長く乗っていきたいと考えるようになった今回の車は、大事にしたいという思いがありました。
しかし、ちょっと残念なのが、3年目の最初の車検をむかえる前に、担当だった方が退かれてしまい、違う方が担当になったと連絡が入ったのですが、、んーこんなものか、というような接客を毎回受けるようになったことでした。といっても、点検と車検の連絡を取り合うだけの話しなのですが、とにかくいい加減なことが続きました。
やはり最初から付き合いがあるのとないのとでは、お互いに印象が変わってくるのかもしれませんが、今でも家族で気に入って車に乗っているので、少しさびしいです。

長く乗っていきたいので、本当は点検もこまめにしたいところですが、足が遠のいています。今年は2回目の車検なので、まだどこで受けるか決めていませんが、大事に乗っていきたいと思ってます。車で出かけたり、せっせと洗車する事も増え、家族で楽しんで車に乗っています。
131817s

カーフィルムによって命がまもれる

やっぱり真夏になると車内の温度が異常に高くなってしまうんですよね。車は熱を吸収しやすい素材ばっかり使っているので、仕方ないことでもあります。

じゃ最初から熱を吸収しない素材で、車は作られないのだろうかというと、やはりコスト面での問題がでてきて実現はできないってことでしょう。
でも真夏に車内の温度を上昇させない工夫というのは、いろいろとありますね。フロントガラス等、ガラス部分に日差しよけカバーをとりつけることは一般的ですし、日陰に車を置くことでも、効果は出ます。ただ外のだだっ広くて日差しをもろに受ける駐車場だと、なかなか難しいことだらけですが。

そんな中で、カーフィルムによって熱を反射させる方法は、一般的になってきています。施工した場合としない場合では、20度近くも違ってくることになります。太陽光さえさえぎってしまえばよいという意味では、日差しよけカバーと一緒です。カバーの場合は付け外しが必要なのにくらべ、フィルムの場合は一度施工するとずっと使える利点はあります。

あと、近年社会問題になっているじゃないですか。パチンコに遊びに来た親が車内に子供を残して、冷房は止まっているので車内は蒸し風呂状態。
それで子供は熱中症で命を落とすという事件です。
ああいったものは親がアホなのが原因なのですが、やっぱりカーフィルムが断熱フィルムだったりすると、生命の危険というのは幾分遠ざかるということもあります。

これはパチンコどうこうは関係なく、普段から真夏に人を載せているという場合にはとても有用なものになってくる筈です。最初から全ての車のガラスは、断熱フィルムが貼ってあれば良いと思いませんか。

日本の気候は毎年35度の猛暑なのだし、車だけでなくあらゆる施設や道具は猛暑に対応した形に、進化していくべきでしょう。

私も車を買い替えた時にすぐに奈良の業者にカーフィルム施工をしてもらいました